自由主義への道



私が理想とする日本国とは、日本国民が豊かに暮らし続けることのできる国です。ここでの豊かさとは「可処分所得×可処分時間」のことです。その目的を果たすために日本国政府は日本国民の生命、財産、そして自由を守り、かつ国民の経済活動に過度に干渉しないことが求められます。それに加え、自由主義とは自由放任と似て非なるものであるから、必要な規則は整備することも必要です。ここでは日本が自由主義への道を歩むためのヒントになりそうなものを集めます。


(私訳)2018年10月4日のHudson研究所のMike Pence米国副大統領の演説

Tweet


「My opinion」へ戻る